フコイダン配合ナノバブル水素水「ASUMIITE(アスミーテ)」

- -
私が通院しているYクリニックの院長が、
「末期ガン等で大変な人がいたら教えてあげなさい」と言われてたのが、
フコイダン配合ナノバブル水素水「ASUMIITE(アスミーテ)」です。



ナノバブル水素水フコダインがアポトーシスを誘導

かなりの人達がガンなどの難病を2ヶ月から半年前後の短期間で克服した
症例も多く、代替療法系の有名医師からも絶賛の声が上がってきた。

慢性病など多症例が改善
喘息やアトピーなどのアレルギー、高血糖・高血圧などの動脈系疾患、
便秘、パーキンソン病など実に多岐に及ぶ。
ガンを克服しつつある改善例では、「ガンの手術から3年、いつも両足の
付け根のリンパ腺がパンパンに腫れ、立っていられないほど
つらかったが、水素水を飲んで1ヶ月もしたら、足の痛みや腫れが引き、
3年間鉛のように重かったが、体が軽快に。
2箱目には凄い効果でした」(50代、卵巣ガン)
「月2回の抗がん剤を打っていたが、飲んで1ヶ月頃から髪の毛が生えたし
ガンが小さくなり始めた。11月から抗がん剤を飲むときの栄養剤が不要に
なり、翌4月の時点でガンがほとんど小さくなり、
抗がん剤は必要ないと言われた」(60代、女性、肺がん)など。
結果が出るようになったのは3、4週間目からというのが多い。
飲む量は1日100ccから150ccを4回というのが多いが、
6回というのも少なくない。

リンパ節転移が3ヶ月で縮小
Hさんの場合は、「大腸ガンの手術を2年前にし、その後、
リンパ節にも転移したので抗がん剤を2ヶ月打ったところ、
吐き気がし、気持ち悪くなったのでこれをとめたのです。
そして、水素フコイダン水に切り替え、コップ1杯を1日5杯飲んだのです」
その3ヵ月後にリンパ節が縮小。その4ヶ月目には完全に消えた。
「これはCTやMRIでも確認しており、血糖・血圧値も高かったのですが、
これも正常値になっています。今も予防のため1日4回飲んでいますが
ストレスが消え、食事も美味しくいただけ、心も平穏、
何の心配もない生活を送れています」とのことだ。
小刻みに1日5時間おきに飲むのがコツのようだ。
これで、体内で発生する活性酸素を継続的に消去できるのかもしれない。

活性酸素が関与する症例は、ガンや糖尿病、動脈硬化、アトピー、
喘息、花粉症、リウマチ、膠原病、白内障、シミ、シワなど多岐に
及ぶ。ナノバブル水素フコイダン水は、活性酸素を消去するので
こうした症例の改善が期待できるようだ。

以上【健康情報新聞】引用↑



  


↓応援お願いします
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
ページトップ